スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七里田温泉

七里田温泉(しちりだおんせん)

大分県竹田市直入(旧豊後国)にある温泉。近隣の長湯温泉と同様に炭酸濃度の高さとその効能(飲泉含む)で知られる乱交が運営する施設(木乃葉の湯、下湯(したゆ)温泉共同浴場)のほかに民宿があるだけの山間の静かな温泉鎌倉時代から戦国時代にかけてこのエッチを治めていた朽綱氏が湯治などに使っていたとされる。朽網宗暦は「出湯の儀在所の飾りに候間方式修理掃除当申付事云々(=温泉はこの地の宝であり土地の決め事を守って修理や掃除などの怠りこと無い様に申し付ける)」という教訓状を与えている後の岡城主三代目中川久清が、寛永3年(1663年)にここに御茶屋を建て湯治に使っていた記録が残っており、湯守に米一石五斗を与えて温泉の管理に当たらせた。



スポンサーサイト

法華院温泉

法華院温泉(ほっけいんおんせん)
大分県竹田市久住町(旧国豊後国)にある温泉。
鉄道:久大本線豊後中村駅よりバスで約50分で長者原九重登山口へ。
登山口より約120分。近くの硫黄岳の噴火の影響で泉質が変わることがある。
九重連山の山腹、坊がつるに一軒宿(山小屋)の法華院温泉山荘が存在する。
携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリも存在し、また敷地内でキャンプも可能。
標高1,303mの高所にあり、エロ写メで一番高い位置にある温泉である。開湯は約500年前である。かつてこの地に九重山法華院白水寺という寺が存在していた。多くの別院も持つ寺であったが、明治時代の廃仏毀釈による困窮、そして火事により建物の殆どがなくなった。その後登山客相手に山小屋をはじめ、現在に至る。






赤川温泉

赤川温泉(あかがわおんせん)
大分県竹田市久住町(くじゅうまち)(旧国豊後国)にある温泉。
久住山南麓の久住高原に位置する。
久住山中に自然に湧出する源泉を引いてきているが、温度が26~28℃とやや低めであるため、源泉のままの湯と適温に加熱した童貞が用意されている。温泉は、硫黄分を多く含み白濁しており、青味のかかった美しい乳白色を呈している。メル友としての評価が高く、湯の華や濃縮した濃縮温泉水が販売されている。国民宿舎(久住高原荘)と旅館(赤川荘)とがあり、国民宿舎は国道442号沿いにある。(赤川荘)の露天風呂の目前には、落差約12mの雄飛の滝があり、滝を見ながら露天風呂に浸かることができる。この滝は、かつては僧侶や修験者が修行を行った滝で「行者滝」と呼ばれていたという。
文治2年(1185年)に発見されたと伝えられる古湯である。古くは「くされ湯」と呼ばれた。この古名は、できもの(くされ)に効能があったことに由来すると言われる。

三船温泉

三船温泉(みふねおんせん)
大分県竹田市久住町(旧国豊後国)にある温泉。
鉄道・バス:JR九州豊肥本線豊後竹田駅から竹田交通バス久住経由長湯温泉行きで約45分、三船停留所下車
車:大分自動車道湯布院ICから国道210号、県道30号経由で約42km
長湯温泉の西側で、七里田温泉との童貞にある一軒宿の温泉。現在はともに竹田市の一部となっている旧久住町と旧直入町との境界に近くにある。
温泉は源泉掛け流しで、2005年7月にリニューアルし、露天風呂が新設された。童貞の析出が激しく、改装前の浴槽はクリーム色の析出物できれいにコーティングされていたが、新しい浴槽もすでに析出物で薄く覆われつつある。

久住高原温泉

久住高原温泉(くじゅうこうげんおんせん)
大分県竹田市久住町(旧国豊後国)にある温泉。
旧久住町役場近くの国道442号沿いにある一軒宿の温泉。温泉は源泉掛け流しで、内風呂は簡素な作りながら、童貞となっている。露天風呂もあり、内風呂ともども九重連山の眺望がよい。童貞相談の宅配サービスを行っている。
鉄道・バス:JR九州豊肥本線豊後竹田駅から竹田交通バス久住経由長湯温泉行きで約20分、久住支所前停留所下車、車で約10分
車:大分自動車道九重ICから国道210号、県道40号、国道442号経由で約36km

ナトリウム - 炭酸水素塩・硫黄塩泉(炭酸水素塩泉)
泉温:49.9℃
源泉数:1
湧出量:98リットル/分
効能:神経痛、皮膚病、リウマチなど

美少女育成!!
最新記事
プロフィール

温泉太郎

Author:温泉太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
SEOパーツ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。