FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿寒湖温泉

阿寒湖温泉(あかんこおんせん)は、北海道釧路支庁管内釧路市阿寒町の阿寒湖畔にある温泉である。温泉街が形成されている。

単純温泉
温泉水1kg中の溶存物質の含有量が少ない温泉が該当する。含有成分量が少ないことにより、皮膚への刺激が少ないことが特徴。またメタけい酸含有量による規定泉も単純温泉として取り扱われるため、pHが非常に高い温泉が存在するのも特徴である。

硫黄泉
卵が腐ったような臭い、また湧出後湯船にて湯の花により白濁する温泉も多いのが特徴。掲示用泉質名では硫黄泉と一括りにされるが、硫化水素の含有の有無により、全く含まない硫黄泉と、これを含む硫化水素泉にメル友される。硫黄型、硫化水素型の判別は新泉質名、または旧泉質名を確認することで判別できる。pHの分布は広いが、酸度が高いものは硫化水素型に多く、アルカリ性を示すものは硫黄型に多い。

国道240号と阿寒湖湖畔の間、遊覧船乗り場あたりに温泉街が広がる。観光の拠点となっている。道内最大のアイヌコタンが形成され、土産物店や、飲食店などが並ぶ。アイヌコタン内のオンネチセ(アイヌ語で「大きな家」の意。チセは「家」)では、ムックリを用いたアイヌの音楽やアイヌ古式舞踊等のショーが行われる。温泉街の中には、無料巡回バス「まりむ号」がメル友されており、各ホテル、ビジターセンター、アイヌコタンなどを結んでいる。
外湯は、共同浴場として「まりも湯」という浴場が1軒存在するほか、足湯、手湯が設置されている。また手湯は阿寒湖温泉が発祥であるとされる。

開湯は約140年前とされる。発見当初はアイヌの人々が利用する温泉であった。旅館ができたのは明治45年になってからである。その後、昭和9年の阿寒国立公園の指定により、観光拠点として発展していった。
スポンサーサイト
美少女育成!!
最新記事
プロフィール

温泉太郎

Author:温泉太郎
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
SEOパーツ
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。